事務所紹介
業務内容
弁護士・弁理士紹介
料金体系
依頼者の声
よくある質問
アクセス情報
お問い合わせ
ホーム > 業務内容 > 企業・法人の方 > M&A

業務内容 - 企業・法人の方|名古屋で弁護士をお探しなら【城南法律事務所】

M&A

M&Aにおける弁護士の役割

M&Aは、企業の成長やシナジー効果、事業承継や会社の立直しの手段など、様々な目的で行われます。多額の金銭が動くとともに、会社の構成が大きく変わり、影響を受ける人も多く、ダイナミックな活動といえます。

そのぶん万が一トラブルに発展した場合には、その影響は極めて大きくなります。

そんなM&Aは、スピードと慎重さという、2つの相反することが求められます。

弁護士は、対象会社や買い手側・売り手側の会社に、潜在的な債務や、後々トラブルに発展しそうなリスクがないかどうかを短期間に精査・チェックしたりします。また、後々トラブルに発展しないよう適切な書面を作成したりして、M&Aを成功に導くべくサポートをします。

M&Aにおける弁護士の業務

M&Aにおける弁護士の典型的な業務としては、法務DD(デューデリジェンス)や、書面の作成・チェック(基本合意書、意向表明書、株式譲渡契約書等)があります。

法務DD(デューデリジェンス)とは、対象会社や買い手側・売り手側の会社に、潜在的な債務やリスクがないかどうかを、法的な観点から精査・チェックする業務です。定款や各種議事録、契約書等々、様々な書類の精査や、ヒアリングなどを通してチェックし、法務DD報告書を作成します。例えば、買い手側は、対象会社についての法務DD報告書を読み、対象会社を買収するかどうか、買収金額、買収する場合のリスクの把握、リスクへの対策などを検討することができるのです。

また、法務DDを踏まえて、リスクのある事項については株式譲渡契約書の表明保証条項に入れるなどの対応をします。このように、法務DDと、書面の作成・チェックとは、連動する場面もあります。

法務DDや書面の作成・チェックという典型的な業務のほかに、M&Aのスキームの検討、M&Aを成功に導くため・紛争に発展させないためのアドバイス、会計士・税理士・司法書士・社労士等の士業と連携したM&Aのトータルサポートをすることも可能です。城南法律事務所は、M&Aに精通した各士業の方たちとのネットワークを構築しています。

M&Aは、紛争を生じさせないこと、紛争を未然に防ぐことがとても重要です。
また、万が一紛争に発展してしまった場合も、適切に対応することが必要です。城南法律事務所は、M&Aの紛争案件についても経験を有しています。

また、社会福祉法人や医療法人のM&Aの経験もあります。

法務DD(デューデリジェンス)

城南法律事務所は、所員全員が法務DD(デューデリジェンス)の経験を有しており、チーム対応により短期間で質の高い法務DDが可能です。
また、規模や費用感に応じた対応も承っています。

たとえば、ごく小規模(売上高1億円未満等)なM&Aの案件では、40万円(労務を除く)~の報酬設定をしています。

このページの先頭へ